シートマスクおすすめ10商品|40代50代の肌悩みに合うものをプロが厳選

私が全商品を実際に試して執筆しました

空山菜摘

美容ライター/メイク講師

ティーン誌での美容連載や美容ブロガーとして活動の後、トータルビューティーの専門学校にて美容資格を多数取得。ソウルのメイク‥

本記事の編集体制

編集者

永井さつき

企画者

ブレイス麻衣

管理者

熊田貴行

編集長

山中亮

※本記事に掲載している商品は、全商品全て編集部で購入した上で、レビューしています。専門家/編集者/企画者/管理者の意思によって選定しています。なお、商品情報については、記事公開時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。詳しくは媒体概要をご覧ください。

本記事に関するご不明点やご質問などはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

更新情報

・「シートマスクおすすめ10商品|40代50代の肌悩みに合うものをプロが厳選」を公開しました。:2024年5月30日(木)

目次

シートマスクは効果ない?

40代以上になると、若い頃には感じなかった乾燥やハリ、弾力不足に悩みがちです。そこで、シートマスクをこまめに取り入れることにより、ハリとうるおいに満ちた若々しい肌を目指せます。

せっかくシートマスクを取り入れるのであれば、満足感のあるものを取り入れるのがおすすめです。

永井

乾燥による悩みが増える40、50代の肌には、シートマスクはとてもおすすめのアイテムです。うるおいをしっかりチャージできるシートマスクはありがたいと、40代の編集者も同感です。

シートマスクの基本的な使い方

基本的には、クレンジングや洗顔で汚れを落とし、水気を拭き取った後に使用します。肌とシートの間になるべく隙間ができないようピタッとフィットさせるのがポイントです。

化粧水で肌を整えてから使用することを推奨する商品もあるので、商品説明に従って使用してくださいね。

永井

ポイントは、水気を拭き取った肌に密着させること。シートマスクごとに推奨の使い方があるので、ぜひ商品説明を確認して使いましょう。

40代、50代向けシートマスクの選び方

シートマスクを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。

1.個包装の商品を選ぶ

大容量のシートマスクでもお値段以上な商品はありますが、空気に触れる回数や手で出し入れすることを考えると品質保持や衛生面が気になることも。

せっかくのプラスアルファのケアに選ぶのであれば個包装のものがおすすめです。持ち運びがしやすいので、旅行や出張にも便利です。

2.保湿・ハリ弾力を目的としたアイテムがおすすめ

シートマスクは幅広い世代が使用する商品なので、さまざまな目的の商品が販売されています。40代・50代は乾燥やハリの不足などの肌の悩みが増えるため、保湿・ハリ弾力ケアを目的とした商品を選ぶのがおすすめです。

3.有効成分を配合した薬用の商品に着目

肌の悩みに対応した有効成分を配合した薬用の商品を選ぶのもおすすめです。たとえば、ビタミンCやトラネキサム酸を有効成分として美白※を訴求したものや、ナイアシンアミドを有効成分としてシワ改善を訴求したものが挙げられます。

※ メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐ

4.憧れブランドのパックをご褒美に

ご褒美として、憧れブランドの商品を使うこともおすすめです。コスパももちろん大切ですが、ちょっと贅沢なスキンケアは、日々の活力になるかもしれません。

5.プラスの機能が加わった変わり種を

最近のシートマスクは多様化しており、マスク装着前に使用する拭き取りパッドが付属していたり、耳にかけてフェイスラインを引き上げるようなデザインになっていたり、泡が出てくるような商品もあります。

基本はエッセンスによる保湿ですが、プラスの機能に着目することも選ぶポイントです。

永井

シートマスクと言えど、ひとくちには語れないほどさまざまな種類や役割があるものですね。使用目的や商品仕様にこだわり、自身の心の隙間さえ満たせるのが、40、50代にうれしいシートマスクです。

シートマスクのおすすめ10商品

ここからは筆者がおすすめのシートマスク10商品をご紹介します。

1位:DEWYCEL(デュイセル) プライベート ケアマスク

商品情報

専門家による総評

DEWYCEL(デュイセル) プライベート ケアマスク
総合評価
( 5 )
メリット
  • 上下別になっているだけでなく、シートの素材と美容液も上下で違っているマスクパックです。乾燥しやすい目まわりと、気になるフェイスラインそれぞれにしっかりとアプローチできます。
  • 肌をみずみずしくキープします。肌のもっちり感やツヤ感なども得られる上、オールシーズン肌質を問わず取り入れやすいです。
  • 個包装の拭き取り用パッドも付属した贅沢な内容。パック前の肌を整えます。普段から角質ケアを取り入れている人は、お出かけ用として保管しておいても便利です。
デメリット
  • 上側のシートは密着力が高いですが、下側に装着するシートはあご下まで覆うことができるものの素材が分厚めなのでフィット感は少し劣ります。

プロの一言

パック前に使用する拭き取り用パッドも付属している
シートが上下に分かれているだけでなく、素材やエッセンスも上下で違う

編集部によるコメント

永井

顔の上下で悩みが違うことに着目した上下別仕立てのシートマスク。さらに拭き取り用パッドもついて、気が利きますこと。うるおいチャージも角質ケアもできます。

2位:VARIHOPE 8デイズピュア ビタミンC マスクパック

商品情報

専門家による総評

VARIHOPE 8デイズピュア ビタミンC マスクパック
総合評価
( 4.8 )
メリット
  • ピュアビタミンC※が配合されており、うるおいとハリを与えて、弾むような肌に整えます。
  • エッセンスが乳液状のため、さっぱりとしたテクスチャーを好む人には不向きかと思いきや、ベタつきがなく想像よりも重くないテクスチャーです。蒸発しにくいので最後までみずみずしくパックできます。
  • 粘着性があり、環境にもやさしいテンセル100%のシートで、なめらかにフィットします。
デメリット
  • ピュアビタミンC※配合のため、ビタミンC系成分が肌に合わない人は、刺激を感じる可能性があります。

プロの一言

テンセル100%のシートと乳液状のエッセンス
ベタつきの少ない仕上がり

編集部によるコメント

永井

めずらしい乳液状のエッセンスと、こだわりの柔らかいシートが特徴のシートマスクですね。シートマスクをはずすまで蒸発しにくいから、40、50代の乾燥しがちな肌におすすめです。

※ アスコルビン酸

3位:CNP Laboratory CNP プロP マスク

商品情報

専門家による総評

CNP Laboratory CNP プロP マスク
総合評価
( 4.6 )
メリット
  • 美容液とシートマスクがセットになった2STEPタイプ。美容液とシートマスクの良いところを組み合わせて、しっかりとケアできます。
  • ハリとツヤを与え、もっちりと仕上がります。
デメリット
  • 美容液とシートマスクをセットで使うので、重たく感じるかもしれません。また、保湿以外の機能を求める人には不向きかもしれません。
  • 少し厚みのあるシートで上質な印象は受けるものの、フィット感に物足りなさを感じます。

プロの一言

先に美容液を塗布する2STEPタイプ
しっとりとした仕上がり

編集部によるコメント

永井

美容液とシートマスクの2STEPで、ケアのプロセスを楽しみながら使えますね。乾燥肌の人に試して欲しい高保湿タイプのシートマスクです。

4位:Dr.Syuwan ドクターシュワン マイクロバブルリフトシートマスク

商品情報

専門家による総評

Dr.Syuwan ドクターシュワン マイクロバブルリフトシートマスク
総合評価
( 4.3 )
メリット
  • マイクロバブルが発生するため、古い角質などの老廃物を浮かしながら落とします。
  • 終わった後拭き取りができたり、フェイスラインを持ち上げるシートデザインになっていたり、パックの時間が楽しみになる工夫が満載です。
デメリット
  • 耳にかけるシートデザインで、ずれにくいメリットはありますが、顔の中央部分が浮きやすくなってしまったり、顔の大きさによって「きつい」と感じたりする人がいるかもしれません。

プロの一言

耳に引っかけるタイプのシート
マイクロサイズの泡が発生し古い角質などもオフ

編集部によるコメント

永井

耳にかけるタイプのシートマスクは、はがれないから「ながらケア」にも使いやすいです。マイクロバブルの使用感が新鮮で、使うのが楽しみになりますね。

5位:ポーラ ホワイトショット マスク QXS(医薬部外品)

商品情報

専門家による総評

ポーラ ホワイトショット マスク QXS(医薬部外品)
総合評価
( 4.1 )
メリット
  • 今回取り上げた中で唯一の医薬部外品のシートマスク。有効成分トラネキサム酸が配合されており、メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぎます。
  • 厚みのあるシートですが、鼻まわりにも切り込みがいくつか入っていて、伸縮性があるため、厚みが気にならないつくりになっています。
デメリット
  • 伸縮性はあるもののやや厚めのシートなので、フィット感を重要視する人の好みには合わないかもしれません。

プロの一言

記事内10種類の中で唯一、トラネキサム酸配合の医薬部外品商品
薄くはないけれど伸縮性のあるシート

編集部によるコメント

永井

医薬部外品であることや、伸縮性のある厚めのシートは、さすがPOLAのホワイトショット、と言いたくなるリッチな仕様です。若々しさもうるおいも欲しい40、50代にとって、応援団のようなシートマスクです。

6位:est(エスト) エスト ザ ローション マスク

商品情報

専門家による総評

est(エスト) エスト ザ ローション マスク
総合評価
( 4 )
メリット
  • みずみずしくさっぱりとしたエッセンスなのに、しっかりとしたうるおいや、ハリツヤを与えるシートマスク。テクスチャーが重いものが苦手な人でも抵抗なく取り入れられそうです。
  • 上下別タイプのシートで、特に下側は小鼻までしっかりと覆うことができるので驚き。顎の周りは少し浮くことがあるものの、全体的にフィットしやすいと思います。
デメリット
  • 強くはないものの、ほのかに化粧品を連想させるような香りがあるので、好き嫌いが出るかもしれません。

プロの一言

みずみずしくさっぱりとしたエッセンス
上下別のシートで、小鼻までしっかりと覆うことができる

編集部によるコメント

永井

さっぱりタイプのシートマスクを探している人にぴったりのアイテム。化粧品らしい香りも大人の魅力、しっかりとした保湿力と上下に分かれた2枚のシートで40、50代の肌の悩みに寄り添います。

7位:ナンバーズイン(numbuzin) 2番 うるもち65%コラーゲンシートマスク

商品情報

専門家による総評

ナンバーズイン(numbuzin) 2番 うるもち65%コラーゲンシートマスク
総合評価
( 3.9 )
メリット
  • コラーゲンを連想させるぷるぷるエッセンスと、肌にフィットして浮きにくいシートで、心地良くお手入れが可能です。コスパも良いのでお値段以上な印象を持つと思います。
  • 低分子コラーゲン配合で、保湿もさることながら、ハリや弾力が欲しい人にもぴったりです。しっとりもっちりとした肌へと導きます。
デメリット
  • エッセンス量が多く、しっとりとした仕上がりになるため、直後のベタつきを感じやすいです。朝のメイクをする前には不向きでしょう。

プロの一言

コラーゲンを連想させるぷるぷるエッセンス
柔らかくフィットするシート

編集部によるコメント

永井

うるおいを飲み干すような、しっかり保湿のシートマスクです。ユニークなシートも楽しくて、夜のスキンケアタイムがスペシャルなものになりそうで、ワクワクします。

8位:MEGOOD BEAUTY(メグットビューティー)スパイフェイスラインマスク

商品情報

専門家による総評

MEGOOD BEAUTY(メグットビューティー)スパイフェイスラインマスク
総合評価
( 3.7 )
メリット
  • 軽く引っ張りながらシートを着用することで、フェイスラインを引き上げるように密着します。フェイスラインへのフィット感を重視する人にぴったりなシートマスクです。
  • 薄くてピタッとフィットするシートは、肌触りの良いシルクの長繊維を使用したもの。とろみのあるエッセンスとの相性も良く、使用感も良いと感じました。
デメリット
  • ピタッとフィットして固定できる反面、ベタつきを感じやすいので、使用した後の肌なじみは好みが分かれそうです。

プロの一言

しっかりとろみのあるテクスチャーでピタッとシートを固定
肌触りの良いシルクの長繊維を使用したシート

編集部によるコメント

永井

フェイスラインが気になる40、50代に朗報。装着方法をよく読んで、シルクを使用したこだわりシートの恩恵を、余すことなく享受しましょう。乾燥しがちな肌に、とろみエッセンスが頼もしいシートマスクです。

9位:Dr.Althea(ドクターエルシア) オアシス スージング マスク

商品情報

専門家による総評

Dr.Althea(ドクターエルシア) オアシス スージング マスク
総合評価
( 3.6 )
メリット
  • 薄めのシートでピタッとフィットするので、着け心地がとても良いです。低価格帯ながらもエッセンスはたっぷり入っているので、ヒタヒタの状態でお手入れができます。
  • さらりとみずみずしいエッセンスなので、一見高保湿できるようには思わないのですが、肌をしっとりと保ちます。肌荒れしやすい時期や日焼け後にもおすすめです。
デメリット
  • 保湿を求めるときやコスパ重視の人にはぴったりですが、年齢に応じたケアに取り入れるとなると少し物足りないと思います。

プロの一言

みずみずしいエッセンスがたっぷり
薄めのシートでフィット感も抜群

編集部によるコメント

永井

うれしい価格で毎日のケアに使いやすいシートマスク。ひたひたの美容液と、フィット感のあるシートで、日焼け後のお手入れにもおすすめです。

10位:MIGUHARA Big3 Step Whitening Mask Pack

商品情報

専門家による総評

MIGUHARA Big3 Step Whitening Mask Pack
総合評価
( 3.2 )
メリット
  • 3STEPタイプで、シートマスクの前に使用する美容液と後に使用するクリームがセットになっています。これ1つでスキンケアを終わらせることができるので、旅行や出張などにも便利です。
  • 美容液、シートマスク、クリームすべてたっぷりと入っているため、首までたっぷり使えて、保湿しながらキメを整えます。
デメリット
  • たっぷり入っているのはうれしい反面、ベタつきを感じる人もいるかもしれません。
  • 肌の調子や肌タイプによってはピリピリと刺激を感じるケースがあるので、初めての人は肌の調子が万全な時に試してみるのがベター。

プロの一言

旅行にも便利な3STEPタイプのパック
ステップ1のアンプルもステップ3のクリームも余るほど入っている

編集部によるコメント

永井

スキンケアが完了する3STEPのシートマスクです。朝夜使える仕様もうれしいですね。はがれにくいこだわりのシートで、うるおいをしっかり届けます。

編集後記

本記事を担当した専門家より

空山

今回は40代、50代におすすめのシートマスクを10種類ピックアップしましたが、実際に使用してみても特徴や使用後の感触はそれぞれ違いました。シートマスク選びに迷っている人はぜひそれぞれのレビュー内容を参考にしながら、自分の肌に合いそうなものを取り入れてみてくださいね。

本記事を担当した編集者より

永井

シートマスクのバリエーションの豊かさに感銘しました!どれも魅力的で、全部そろえてどれを使おうか、毎日悩みたいです(笑)。自分用はもちろん、化粧品の中でも、特にシートマスクはプレゼントしやすいアイテムなので、お世話になっている素敵な先輩をたくさん思い浮かべながら読んでいました。人生経験豊かな大人だからこそ、いつも輝いていて欲しいですね。

本記事を担当した企画者より

ブレイス

今回の商品ラインナップは、どれも映えるものばかり!華やかなパッケージだから、きっと使うたびに心がウキウキすること間違いなしですね。永井さんのコメントの通り、プレゼントにもぴったりそうです。

個人的に気になったのは、上下でバラバラのマスクを楽しめる「デュイセルのプライベート ケアマスク」でした。たしかに、顔の上半分と下半分ではお悩みポイントが違うので、理にかなっているなと思います。

本記事の担当した責任者より

熊田

40代,50代向けのシートマスクのご紹介でした。

シートマスクに限らず、スキンケア商品はお肌に合う合わないはもちろん、フィット感や匂いなど好みによって使うブランドは異なってくるかと思います。私自身もコスパのよりルルルンさんを愛用していますが、肌の状態によって違うルルルンのシリーズを使うこともあります。

まずはお試しでいろんな商品を使ってみましょう!

空山さんが体験してくれているので、どの商品もよいところ、気になるところが明確で非常に参考になりました!

個人的には、「CNP Laboratory」が気になりました。美容液も付いていてこれ一つ旅行先やサウナに持って行けばスキンケアもバッチリですね!

編集長より

山中

2人の息子がサッカーをしており、休日は応援に行くことが多いのですが、炎天下で長時間観戦していると、日焼け止めなど対策はしていても、帰宅すると肌が明らかにダメージが・・・。シートマスクは欠かせないアイテムです。

今回のラインナップの中では、しっかり保湿できてフィット感があり、一方コスパも良さそうな 「Dr.Althea(ドクターエルシア) オアシス スージング マスク」が気になりましたが、使用頻度が増えそうな夏に向けて複数種類を比較してみたいと思います!

この記事の制作体制

  • 空山菜摘

    ティーン誌での美容連載や美容ブロガーとして活動の後、トータルビューティーの専門学校にて美容資格を多数取得。ソウルのメイクスクールを修了。現在はライターとして記事を執筆しながら、メイク講師や化粧品ブラン...

    View all posts
  • 永井 さつき

    本サイトの編集者。美容ライター/エステサロンオーナー エステサロンの経営および化粧品の企画・販売を行う。美容家兼美容ライターとして各種メディアに出演・執筆、ライターへの執筆指導など幅広く活動している。

    View all posts
  • ブレイス 麻衣

    本サイトの企画担当。翻訳・通訳を学んだ後、豪州のMICE施設にて現地採用。帰国後は、東京の外国人をターゲットとした不動産会社に主任として3年間従事し、5年間渡独。SEOやサイト運営を学びつつライター活動をする...

    View all posts
  • 熊田 貴行

    本サイトの品質管理責任者。ヤフーを退職後、海外で飲食とホテル事業で起業。海外の事業を売却後、日本でメディア事業会社を立ち上げて10年目。これまでの自社メディア運営で得たノウハウを軸に、企業のオウンドメデ...

    View all posts
  • 山中亮

    本サイトの編集長。西日本新聞社デジタル事業部所属。2005年西日本新聞社入社後、メディアビジネス部門や新規事業に携わ...

    View all posts
目次